QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | このエントリのURL
(--/--/--(--) --:--)

 時かけを、愛せよ諸君
さて、ウチの愛車グラ子に乗って


やってきたのはとあるイオン。




ええ、勘の良い諸兄ならおわかりかと思いますが、



群馬の太田はショッピングモールの一角、イオンシネマ太田。



そう・・・昨日ああ書いた次の朝、いてもたってもいられなくなり
速攻で時かけツアーを敢行。
高速というものを知らない僕にしてみれば移動時間に片道2時間半もかかるという他人から見れば「よくやるよ」的な道中となりましたが、天気もよくドライブがてら気持ちよくお出かけすることができました。
いやぁウチのグラ子が吠える吠える。長距離高速運転もなかなかオツなもんです。両足はつりそうになりましたけどね。



ということで
僕がこのところ異常なほど愛してやまない時をかける少女。
いや、勝手に一人で盛り上がってるってのは自覚してるつもりですが、対照的に周りがさっぱり食いついてこないので開き直って一人でもっと盛り上がることにしました。今日のはそのキックオフということで。
(そんなことないよ!もりあがってるよ!というweb拍手待ってます)



イオンシネマ太田では公開初日ということでなにかグッズプレゼント的なものがあることを期待してたのですが特になにもなく。宇都宮の公開初日のときはなんかあったらしいのになぁ・・・
まぁイオンシネマは今流行のシネコンですし。パンフすら売ってない大量観客動員型の劇場ですからね。仕方ないかな。

( そういう意味ではテアトル宇都宮は実に映画館然としたたたずまいでいいですね。規模は大きくないですが味のある映画館としてあのまま変わらずずっと在って欲しいものです。)


その代わり、

今日はなにやらたまたま群馬県民の日とかでなんと料金が1000円!
ラッキーラッキー(群馬県民じゃないのにいいのか?)。




さて、2回目の時かけは・・・
ストーリーは全部解っているのに、それでも全然面白い。というかそれだからこそまた深く心に響くものがあるのです。

1回目では何とか耐えられていたシーンがことごとく決壊。
つまるところ大泣きですよ。なんていうんでしょう、心の準備ができてしまってるというか。「ここで・・・ここで!」というのを知ってしまっている為、えっ!!という視点で観るのとはまた違った響き方をするのです。
まぁ別にそれは時かけに限らず2回以上観る作品はみんなそうなんでしょうけど・・



加えて音楽です。このところ寝ても覚めても時かけのサントラとガーネットのマキシばかり聴いていたのですが、改めて劇中で流れたときのあの得も言われぬ感慨深さといったら・・・!

特に、真琴が家を飛び出して千昭に会いに行くシーンで流れる「変わらないもの」。あれが心に響かない人とは僕は友達になれそうにありません。
そしてスタッフロールで流れる「ガーネット」。ロールも曲もまだ途中なのに終わった終わったと無神経に劇場を出て行く人が2、3人居たのですが、彼らにはあまり伝わるものが無かったのでしょう。上映中に携帯を鳴らすような残念な人は今回いなかったので良かったのですが、あれだけはちょっと悲しかったです。どうしてあの余韻を味わおうとしないのかなぁ・・・。

ま、価値観は人それぞれですからね。それぐらいに目くじらたてるほど厨ではないつもりですし、逆にそういう人が2、3人しか居なかったと思えば妙な一体感も生まれるというものですw



さて、忘れてはいけないのが"演出"。これは例の絵コンテを読んで初めて意識的に気づけたのですが、監督の細田守氏の演出テクニックが随所にさりげなくちりばめられていて 観る側を(むしろ観る側自身すら気づかないうちに)物語へ引き込むようはたらきかけているのです。

それは例えば、
てんとう虫であったり桃であったり商店街の時計であったり理科準備室のシルエットであったり。
そもそもの原作での主人公である魔女おばさん(芳山和子)だったりするのも見逃せません(まぁこれは知らなければ気づかないんですが)。


貞本義行の絵も良いですね。勢いと繊細さを兼ね備えた絵柄は、この映画の雰囲気に実に良くマッチしていると思います。真琴の愛らしさはこの絵柄によってかなり加速されているかと。



ネタバレ無しで書く感想はこのぐらいが限度なのですが、このエントリによって一人でも「む、観てみるか」という人が増えればこれ幸いです。高校時代に熱い青春を謳歌した人、あるいはそんなのにあこがれてた人にとってはかなり堪らないはず。そんな「打てば響く」人々が世の中には沢山いると僕は信じてます。


まぁ話の矛盾はありまくりですけどね。SF的な視点から見てしまうとこれは全く駄目です。ただでさえ時間に関する話というのは辻と褄が難しいのに、そのへんの難しい話は一切放棄しちまってます。なのにストーリーに都合の良いように好き勝手進めている。故にうやむやにするしかない部分がかなり発生してしまっています。

が、いいんです。これはSFではなく青春映画なんですから!
この映画はそのパラドックスさえも演出に使ってしまっているぐらいなのです。矛盾なんてくしゃくしゃーポイ。いいですか?そこは敢えてツッ込まないのが素敵な大人というものなんですよ。



では、2回目を終えた総評を発表しましょう。




「さて、3回目はいつにするかな」




実は割とマジです。


Side "BGM"

今日のBGM:時をかける少女 オリジナル・サウンドトラックより"夏空(ロング・バージョン)"

まさに時かけを象徴する曲ではないかと。真っ青な空と白い入道雲を彷彿とさせる、とても爽やかな夏色の曲です。

スポンサーサイト

テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/10/28(土) 23:57)

 おかげさまで子供が生まれました

タイトルはうそ。しょっぱなからウソ満載。5割増量中。ていうか5割どころではなく、 かつ何の5割なのか不明。

ダメだダメだ!そんなことでは日本一など叶わないッ!! そうだッ!!戦えッ!!打てッ!! 走れッ!! 投げれッ!! 飛べッ!!孫悟空ッ!! おい!沙悟浄ッ!! 入れ歯洗浄ッ!! おじいちゃんお口でかいッ!! そりゃぁジイちゃんはクチ裂けオンナじゃからなぁッ!! きゃーッ!! 逃げれッ!! ワタシキレイッ!?



誰か止めれ。ていうかF1某ドライバーのヘルメットのデザインはまるで頭に皿が乗っているようであり、河童っぽくてカッコ悪いとのこと(タカオ談)。
ドライバー二人とも同じデザインぽいのでいっそのことチーム名を


Team "SAGOZYO"(エンジンサプライヤー:"GOKU")


にでもすればいい、とあの皇帝ミハエルも引退間際に言ったとか言わないとか。きっと言わねぇ。






さて、



時をかける少女グッズをアホみたいに買い漁ってる俺様であるが、サントラを聴きながら絵コンテを読み進めていくうちにまた盛り上がってきた。
うーむまた観てぇ。


今までは俺様ルールに「映画とかは1回観れば十分ていうかむしろ1800円も払ってんだから係員とかはもうひれ伏せ」てのがあった。

もうな、同じのをわざわざ劇場まで何回も観に行くヤツなんかに対しては

なんだこのやろうッ!!
ちょっとした通(ッゥ)気取りかッ!!どっこいッ!!


とか

単に誰かを誘う口実なだけなんじゃねぇの?フランス革命ッ!!

とか

いい加減に知子の結婚を許してやったら?お父さん?

とか

ガイジン相手に、どうせ判らねぇだろうと思って「でっけー」って言ったら 実は日本語べらべらで「ソンナコトナイーヨ」って言われちまったッ!!

とか思っておったが、考えを改めなければなるまい。なるまい、じゃねぇよ。


今回は結構フランス革命リピーターの気持ちが判ってしまった。
なんか、もう1回ぐらい観てあげてもイイよ・・?べっ別にアンタの為なんかじゃ無いんだからね! ボナンザが急に用事で来れなくなったっていうから仕方なくよ!ボナンザって誰?


しかし宇都宮ではもはや公開終了しているのは先日書いた通り。俺様はどうすればいいのか?諦めて絵コンテあたりをアホみたいに読みふけって我慢するべきか? その絵コンテを元にflashムービーでも作るのか?そしてジェントルメンを気取るのか? ライスをフォークの背中に乗っけて食って小バカにされるのか?ハンバーグのソースをおかずにライスをオカワリ(無料)しまくるのか?ついでに麺の替え玉も注文するのか?その間に生ニンニクを絞って服にこぼして「うぇー」ってなるのか?


ていうかもっかい観に行く(群馬まで)。

 

宇都宮から太田まで行く。マジで?どんだけ愛してるんだ?
まぁ絵コンテとか買ってる時点でどっかおかしいしな。 サントラ・主題歌シングル・コミックはまぁ判るとしても絵コンテて!そんなもん買ってどうすんだよ。しかも3000円もするのに。
好き過ぎじゃねぇか俺。死んでしまえ。オレ様 is 死に絶えろ だ。
ダメだ。死んではダメだ。今死んだら北斗の血筋は誰が引き継ぐの? 頑張ってッ!! 頑張ってッ!! 負けないでッ!!

ユリアー。

もう意味がわからねぇし、またニュアンスだけだ。でもマジでまた観に行くことに決定(何時になるかは未定)。


Side "BGM"

今日のBGM:ガーネット [Maxi] (奥華子)より"変わらないもの"

だから好き過ぎだろ俺!いったい一日に何回きけb(ry

テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/10/27(金) 23:24)

 時をかける少女のススメ

改めて、時をかける少女についてつらつらと。

こんばんは、nifexです。


ことの始まりは一昨日、「そういえば時かけが宇都宮で上映されてるはずだな」とテアトル宇都宮のページをチェックしたことに始まります。


なんと、 10/20(金)までとなっているではありませんか!
「明日までじゃねぇかーーー」


これはまずい、雲の向こう、約束の場所の時の二の舞になるわけにはいかない!なんとしても観に行かなくては!

チャンスは最後の上映、19:10開始。距離を考えると定時で上がってもかなり厳しい。あるいは、裏技「泣き落としでちょい早引け」を使えば何とか・・・


だが間の悪いことに今はなんとしても進捗を稼がないといけない時期。うちのサブシステムメンバーは毎日10:00とかまで頑張っています。僕だけそんな、ねぇ。

結果:ちょい早引けしました



みんなゴメン!本当に申し訳ないが今日は許してくれ!と心の中で謝りつつ、事故ったら間違いなく即死なスピードで移動する僕。その甲斐あり10分前に映画館へ到着できました。

最終日の最終上映の割にさして混雑もしておらず、絶好の席(しかもボディソニック席)に座ることが出来ました。
こうして 無事鑑賞にありつけ、雲の向こう~の時のような後悔は避けられたわけです。



ここからが本題。

この映画は、久しぶりに
「映画館で観れて本当に良かったと思えるアニメ映画」でした。


本当に面白かった。 同じ映画を(当然お金をもう一度払っても)劇場でまた観たいと思ったのは初めてです。

ここがすごい!というような派手なウリは無いのかもしれませんが、なんていうんでしょう、全編を通して溢れているノスタルジーとフレッシュさ、そして切なさ。あっという間に物語に引き込まれていく自分が居ました。

ある種の安心感(ストーリー的に、という意味ではなく)とでもいうべき優しい感情に包まれつつ、愛すべきキャラクターたちが劇中を駆けめぐる様を、時にはハラハラし、時には微笑ましく、見守る。

冒頭からずっと感情移入しっぱなしで、上映時間が1時間40分もあったなんて信じられないぐらいでした。本当にのめり込んでいたんだなと思います。ストーリー、キャスト、キャラクター、音楽、演出、全てが観る人を引き込みます。恐らく監督の手腕というのも少なからずあるんでしょうね。


題材が題材だけに、矛盾?というか「厳密に考え始めるとどうなんだろうこれ?」というところが多少ありますが、「明らかにおかしい」のではなく「うん、まぁいいよね」というカンジ(その代わりストーリーの勢いはバツグンです)。
そんな細かいことを咎めるのは野暮ってもんですしね。この映画にはそんなのを超えた「よーし、やれやれー(笑)」的なノリがあります。 真琴の愛すべきバカさ加減、かわいらしさ、これでなにもかも許せてしまうんですね。


反面、後半の切なさといったら!
ネタバレになるので控えめにしますが、観ている者の心を締め付けるような切ないシーンがいくつも押し寄せてきます。
泣くなり叫ぶなりお好きにどうぞ!
(でも映画館では叫んではいけません)




実際のところはあなた自身が映画館で確かめてください。
やっぱり、それが一番です。
その際は是非、Dolby Digital(AC3, 5.1ch)のシステムを備えた(できればボディソニックがある)劇場で!

劇中何度も登場する野球のシーン、ノスタルジー溢れる校舎でのやりとり、真琴と千昭が雑踏の中で語り合うシーン。この辺り、すばらしい臨場感が物語をより一層引き立ててくれることでしょう。








サラリーマンである以上、スケジュールの厳しい時期の早引けはそれなりのペナルティもあります。

が、そんなの「時かけ」を劇場で観れたことに比べたら屁みたいなもんです。それだけの価値があった。 劇場に観に行って本当に良かった。音響はもちろん、映画館のあの独特の雰囲気。
この映画にはそれが実によくマッチしました。

DVDでは得られないであろう感動が、そこにあります。
(と言ってもDVDも間違いなく買うでしょうけど)


さぁ、あなたも
真琴に、千昭に、功介に、魔女おばさんに。
会いに行ってみませんか?
きっと僕みたいに時かけグッズを買い漁ってしまいますよ?w


Side "BGM"

今日のBGM:ガーネット(奥華子)

時かけの主題歌、ガーネット。奥華子さんのことはこれで初めて知ったのですが(僕と同い年らしいです)、これをきっかけにファンになってしまいそうです。とりあえずアルバムが出てないかどうか探そうっと!


テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/10/22(日) 02:14)

 心よ、震えろ


では、まず
いくつかの材料を想定しよう。


まず、今此を読んでくれている貴方。


あなたは今はもう立派な大人で、社会を生きていくのに精一杯である。

あなたは高校は共学で、進路は「進学」だった。
あなたの高校には理科室があり、理科準備室があり、黒板は上下にガラガラと動く。準備室は雑然とした実験器具で一杯だった。

あなたは自転車通学だった。
通学路には坂があった。踏切があった。

夏は暑かった。進路について悩んだりした。
スイカなんかもよく食べた。

あなたには親友が居た。

夕暮れ時、夕日の下で川縁の土手を歩いたりした。




例えば、まずはこんなふうに想定しよう。





では、次の想定。


あなたは文庫本を読むのが好きだ。
爽やかな、それでいて切ない恋の話なんかが好きだ。


付加要素。
「耳をすませば」
「海がきこえる」
アリだ。全然観れる。
それと、最近のジブリアニメやらなにやらは、なってない。
千なんちゃらとかゲドなんちゃらとかブレイブなんちゃらとか、
なんで騒がれてるのか一向にわからない。





最後の想定。
あなたは、今は、なにか青いモノを、忘れている。


付加要素。
あなたは、栃木に住んでいる。
あるいは、後述のとあるリストに載っている場所の近くに居ない。








まぁ、以上が、あくまで「例え」だが、想定する人物像。
もし万が一そんな人が居たら、大変残念だが、
私からはこう言わずにはいられない。

大変、遺憾だと。


あなたが求めているものはすぐ近くにあったのに、
それに触れられなかったなんて。



時をかける少女を、映画館で観ることが出来なかったなんて。




誠に残念だ。
栃木では、つい先程、その機会は失われてしまった。



既に観た、という方。
大変失礼しました。
代わりに、

おめでとう、よかったね!
この映画に巡り会うことができてよかったね!
最高の環境で堪能できてよかったね!



とあるリスト


テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/10/20(金) 23:04)

 本日のサクサク
本日は岡山の歌であった。ていうか岡山の歌ではなくもはや桃太郎の歌であった。ていうか最後はサクサクの歌にすり替わっていた。

宇都宮の歌聴いてみたいなぁと思った!


あと、黒幕の素voiceが聞けるコーナーなんてものが出来ていたなんて!


そして怒濤の日々がそろそろ顔を出し始めてきました

Side "NEWs"

(無)


Side "BGM"

今日のBGM :
アルバム Overture (栗林みな実) より "ひとことだけの勇気"

"ふわり"という響きが印象的な曲。この曲が聴きたいが為にこのアルバムを買ったようなもんです。マブラヴも目的の1つだったけど"オルタネイティブ"の為に改めてリミックス版がシングルカットされてちとガッカリ。そっちの方がなんかイイ感じなんだもんよ。

テーマ:TVK/サクサク - ジャンル:テレビ・ラジオ

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/01/19(木) 00:29)

 本当にサクサクだった件について

こんばんは!よろしくね!まったく夜更かしさんだなキミは!

で、 件のサクサクがちょうど今日(水曜)の23:35から放送されるということで満を持して鑑賞。略して卍。普段あんま観ないテレビの前に正座。

ウホッ、ホントにサクサクだ

ウレしい。コレはウレしすぎる。平日なのに珍しくも強まってきたッ!!TVKでは週5での放送だが栃テレでは本家の木曜日のものだけがネットされるらしい。でも

充分です

毎週水曜は何はともあれ家に居なくてはイケナイ。これで平凡な日々にも終止符って寸法。ナイス栃テレ。ねぇ、ついでに週5にしてくれんか。おっさん口調で何いってんだ。

おっと勘違いするなよ。俺様ちゃんは栃木になど住んではいない。「栃の実ふれあい市民文化会館」の第二会議室に住んでいる。職業は「たまに来る有名人と一文字違いのパチもんタレントが講演会をするときに配られる弁当を第二会議室まで運ぶ為の台車の取っ手を止めるネジを作る会社の事務」である。
もちろん栃テレとは「栃の実ふれあいテレゴング」のことである。栃テレでは主に「初代ファミコンの2コンのマイクはどれぐらいの期間使えばスイッチを切っていてもピーガーいい始めて"ドラえもん"の魔境編で勝手にジャイアンが画面上の敵を倒すようになるか?」の議論が視聴者を交えて行われる。5回に1回は「"スターラスター"でどのような言葉を2コンに叫べばHPを回復してくれる隠しキャラが現れやすいか」に議題が変更される。まぁ言葉に関係なくなんか叫べば出てくるんだがな(海底編に至ってはドラミちゃんすら出現)。ていうか2コンネタから離れれ。


つぅわけで、 「栃の実ふれあい市民文化会館」に住んでいる方々は「暇過ぎて思わずミニ4駆を2駆に改造してしまった」りする程強烈に暇な時なんかがあればサクサクを鑑賞してみるのも良いのではないだろうか。でもキョーショーのミニ4駆はデフォルトで2駆にも切り替えられるので(例:ニンジャ)安心して頂きたい。タミヤだとドライブシャフトを改造しないと出来ないのでオススメはしない。ていうか全般的にネタが古(こ)すぎッ!!古(こ)すぎまくっているッ!!


Side "NEWs"

  • 「情報がWinnyに流出?」を調査、ネットエージェントがサービス開始
    Winnyもいよいよ大手企業から「情報流出経路」として認識されるまでになった。Winny用のファイアウォールが発売されるのもなんとなくうなずける気もする。

  • 「朋ちゃんねる」で金田朋子がマジ酔っぱらいな件について
    ちなみに金田朋子とは「おねティ」のまりえ役。うわぁウゼェ


  • Side "BGM"

    今日のBGM :
    アルバム hide SINGLES ~Junk Story (hide) より "EYES LOVE YOU"

    なぜかhideを聴いている。 EYES LOVE YOUは50%&50%と同時に発売されたhide初のシングルだが、2つのジャケットを並べて裸眼立体視が可能だってことを発見したが誰も取り合ってくれなかった高校生の頃の俺に乾杯、と思った。


    テーマ:TVK/サクサク - ジャンル:テレビ・ラジオ

    オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:4
    (2005/12/28(水) 23:57)

     サクサカー

    しかしな、このズツウってもんはどうにか撲滅できんもんか?理由がわかんねぇんだよ。どうなってやがんだ。 がっでむ~♪ ひらがなで書くと全然すごみがねぇな。自ツッコミもなんかふにゃふにゃだ。半立ちだな。

    休みが一日しかなかったせいか図twoがヒドい。どういうわけか同時にハラも痛い。俺様は何も悪いことはしてねぇが何か食った気はするな(ヒント:暴君ハバネロ×2)。ていうかヒントじゃねぇしな。あのオカシはX-RATEDにすべきである。素でいっぱい食うと女子供に人死にが出る予感すらする。じゃあ2袋も食うなっつうのな。



    はてさて。諸君は「サクサク」をご存じか?首都圏(主に東京・神奈川)在住の方以外はおそらく知らないだろう。サクサクとはTVK(テレビ神奈川)で毎朝7:30から放送しているトークバラエティ番組である。まぁ単刀直入に言うと

    毎朝やんの勿体なくねぇか?

    て程面白い。トークのまじゅちゅ、ちゅしとはまさにこのこと。バカヤロウ肝心なとこで噛むんじゃねぇよ。パーソナリティは木村カエラとぬいぐるみ。ぬいぐるみの名前は白井ヴィンセントという。去年ぐらいまでは増田ジゴロウであった。

    コレな、まぁジツは偶然見つけた番組なのな。(「気がついたらウラで勝手にイロイロなデータが沸いて出てくる」ソフトによる。)

    ナイス誤算。

    メインはトークなわけだが、ネタの内容がスバラシイ。20台後半~30台のひねくれたオトナなら恐らく爆笑すること請け合いである。
    今日は眠いので詳細は語らないことにするが、一人でニヤニヤ鑑賞してた矢先DVDが出たことを知った。

    写真はジゴロウのほう

    バカヤロウ!コレは買いだろッ!!俺はまだ買えてないッッ!!

    サクサクについては眠いので改めて後日詳細を紹介しよう。

    しかしいいな神奈川。いいなTVK。fateのアニメ版のネット局にもなってるしな。俺も八王子あたりに住んでたら良かった。ホント。


    Side "NEWs"

  • 2005年 窓の杜大賞
    大賞は携帯動画変換君であった。携帯というかPSP用だろうな。まぁ納得だ。しかし俺サマ的には金賞の「NASA World Wind」が気になった。DLしてみたが.NET frameworkが無いと動かないらしい。がっでむ~♪


  • Side "BGM"

    今日のBGM :
    アルバム Californication (The Red Hot Chili Peppers) より "Around the World"

    "I Know, I know for sure. That life is beautiful around the world. "


    うお!何だよ、サクサクのスレッドあるじゃんかよ!!選んだ。

    テーマ:TVK/サクサク - ジャンル:テレビ・ラジオ

    オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:4
    (2005/12/26(月) 23:58)

    This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。