QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | このエントリのURL
(--/--/--(--) --:--)

 さんをつけろよデコ助野郎
山形ネタ続き。



100g4k円の米沢牛 見参。






焼いてみた。ピンボケはご愛敬。






先生、中が赤いよ!ちゃんと焼けてないよ!



とまぁ無駄に高い肉を食ってしまったせいでその後の食生活が悲しくて仕方ないですがそこはそれ。普段の僕は夕食に卵かけご飯1杯と味噌汁を頂くだけで十分満足する程の美食家なので頑張って生きていけます。

それよりも問題は物欲やら出世欲やらの俗な欲望の方ですよ。皆無。
もはや僕は出家でもしてみた方がいいのかも知らん。



なにこのつまんないエントリ?


Side "BGM"

今日のBGM :秋風に君を想ふ(I've)

I've熱再燃中。なぜなら帰省するときにずっとI've talk jam全話を聞いてたから。ホント武道館ライブ行けば良かった・・・


スポンサーサイト

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/06/29(木) 00:26)

 ノイローゼになる前になんとか・・・
さて、今日まで


山形の実家に帰っていました。さくらんぼの高いこと高いこと!(時期が早いので)




どうしてこんな時期に帰省したのか?それは山形県の県職員採用試験、つまり公務員試験を受けるためです。休める状況じゃ無かったんですが強行して今日(月曜日)は有給をとりました。

僕が受けたのは行政(上級)。一番採用枠が多いやつです(それでも今年は25名)。理系を画に描いたような人間である僕にとっては、まさに対極をなすようなジャンルであり―――かつ今年の受験生は620人前後。25倍ぐらいですね。ま、無謀なのはわかってますが・・・


でも、受験しなければ当然合格率は0%です。ので、なにはともあれ受けてみました。みましたが、恐らく勝負にすらならないですね。1次試験にして絶望的。恐ろしく難しいです。難しいというより、「知らない」。仕事の片手間に1ヶ月勉強したぐらいで全範囲を網羅できるはずもなく、まともに書けた分野は計算系全般と英語だけ。特に法律や社会学系はほぼ手が出ず、完全に白旗。というかここまで含めて予想通りといえば予想通りなんですけどね。


まぁ、転職活動を始めずにはいられなかったという心情からの第一歩だったので、きっかけとしてはアリだったのではないかと思ってます。
でもなんかの間違いで通らないかなぁ・・・


今の会社の今のプロジェクトから僕が抜けると恐らくプロジェクトはかなり困るんでしょうがもはや知ったこっちゃありません。とにあんな課長みたいなのと一緒にやっていかないといけない職場からは一刻も早く抜けたい。何をわがまま言ってるんだ、とか言われそうですけどね。。



あー。明日からまたあの課長相手か。気が滅入りますよ。

テーマ:公務員 - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:3
(2006/06/26(月) 22:00)

 新人すぎる

「よし、アイツが今参照系を作ってるからオマエはそのテーブルにテストデータを量産しろ」
"量産"て何ですか?」


「この場合使うのはこのクラスのaddValue()メソッドだ」
「なんですかこれ?"アドド"?」


「違うでしょ。おまえプライマリキーの意味判ってんの?ちっと説明してみ? 」

「あれですよね、なんていうか"行はこれです!"っていう列ですよね」


「ちっとこのダンプ、VBAマクロかなんかで整形してinsert文にコンバートしてテーブル登録しといて」
「ダンプ?マクロ?テーブルにデータ入れるのってaccessじゃないと出来ないじゃないですか?
  しかもこのテーブルDB2ですよ?どうやって?」


おもろい。新人はおもろい。笑える。

プロジェクトの足を引っ張らなければ。


「このプログラム、どれぐらいで完成できると自分で分析する?」
「えーと、1週間ぐらいですかね」
「予定工数は10hなんですがミスター」


勘弁しれ。


テーマ:職場の馬鹿人間たち - ジャンル:就職・お仕事

未分類 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/06/24(土) 01:19)

 日々の負荷は増えるばかりだが

THE FORCE OF LOVEゲット。


あー、RF Online始めてみるかなぁ。
かなり楽しそうではあるんだけどちっと料金が高いんだよね・・・






それはそうと、そもそも日々がツラい。泣く寸前かも。今の状態でオンラインゲームとかもはやありえねぇから。


テーマ:RF online - ジャンル:オンラインゲーム

散財。 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/06/22(木) 22:56)

 パラダイス銀座

ああッ、平和なnifexライフに悪の手がッ!!今こそ勇者ロトの子孫でも現れて欲しいッ!!ろと?ろとですと!?そんなおそれおおい!!


とまぁルイーダの酒場ばりにテンパっているnifexである。うむ、その通り天然パーマってるわけな。うるさいッ!うちの近所の床屋は何回言ったらバリカンの代わりにチェーンソーを使うのをやめるんだ?そしたらオメェ、

神をも一撃で倒しちまうだろうが?


ちなみに魔界塔士sa・gaの世界ではなんと命(ハート)がオカネで買える。同様にラスボスを一撃で倒す武器も店売りだ。ていうかゲームバランスてなに?今風に言えば「ゲームクリアが腸!肝胆みたいな?」だ。ていうか漢字が全然違う。


ていうか何の話なのかさっぱり?になってきたので元に戻そう。そうそうルイーダの酒場はセーブがラクチンって話な。否ちがう。



ジツは今、我がプロジェクトが未曾有の危機にさらされておる。件の課長(以下魔王)が暴挙に出た。ピチン!ピチン!ジーザス。
俺の今担当の案件に対し、予定工数に対する実績の割合が悪いということで打診がきた。


うちの会社の営業を通して。


なんだそりゃ?なんで営業側から言われなきゃならんのだ?ていうか陰険すぎ。どうもあの魔王(以下オッサン)、わざわざうちの営業マンを呼んでクレームをつけたらしい。このままだとプロジェクトを巻き込んで問題になるとか言われた。


マ、マジで?(泣)


泣くな。ていうかあのオッサン(以下くそやろう)は単純すぎなんだよ。確かに俺が出した見積もりに対しての進捗は数字的には悪い。それは認める。認めるが、


俺の中ではバッチリオンスケです


ていうか俺が出した見積もりをちくちく削ったのはあのくそやろう(以下うんこさん)である。しょーがないので俺はどーでもいいシェルスクリプトとかを計上してそれぞれにアホみたいな工数をつけて提出した。合計工数を稼ぐ為だ。まぁこの見積もりが通った時点でもはや見積もり精度の面からは破綻していたのだが(うんこさんが開発内容を理解してない証拠)、


そもそもそんな見積もりじゃ無理な


プログラム部を開発している段階で見たらそら進捗悪いわな。というわけで今の俺にはうんこさんに対して何の言い訳も出来ないのである。効率を上げる策を提示せよと言われても無理なのである。なんとかうんこさんに対してコメントできた台詞が


あ、あと10日ぐらいすればきっとみるみるうちに・・・


ヤバい。ここまで言って気づいたが進むも地獄戻るも地獄か?このまま行けば俺のシナリオ通り後半の実績効率が序盤の5倍ぐらいの怒濤の追い上げを見せることになるが、それはそれで今まで何やってたんだコラもしくは次からはこの工数とスピードでいけるなとかいう事態になりかねん。。きいてないよー(新ギャグ)。



うわーどうすんべ。もはやオレ様、仕様もプログラムも上流インターフェースとのやりとりもすべてこなしてアホ工数通りのマイルストーンに合わせてやろうかと画策中(つまり通常の3倍本気になる必要あり)。そしたら後半は1日にシェルスクリプト2本書けばおkという夢のような状態になるがそれはそれで困る(暇すぎて)。

しかしな・・・3倍本気というのはかなりしんどい。流石に体が持たない。そしてそんな風にテンパってた俺にうんこさんが一言。


あ、明日からうちの○○の新案件な、サポートしてくれ



お、落ち着けうんこさんッ!どうしろと?信頼されてるのかされてないのかさっぱり判らないそんな月曜日(というかもう火曜日)の夜更け。


テーマ:システムエンジニア - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/06/20(火) 00:30)

 ザ・揉み返し


正直、ヒザと首が痛いので
今かかっている整形外科の先生に頑張って主張してみたところ
暫くリハビリとして自分のタイミングで通院していいという許可をもらった。とりあえず一安心である。神に感謝する(整形外科に好きなだけ通院することができる権をもらうことに関する神)。ナイス神ッ!!



どうも元から第5、6頸椎だか第200万頸椎だかそこらの間隔と配置が多少ゆがんでいるらしく、ちょっとした衝撃・あるいは悪姿勢によってかなりきつい肩こり症状が起こるようになってしまった俺としては、正直肩から首にかけての痛みは諦めている感もある。が、ヒザに関してはちと妥協できないぐらい違和感がある状態で、可能な限り通院しようと思う。ていうか頸椎は200万個も無い。


が、今回は10:0では無いだろうと思われるので(詳細連絡未だ無し)人身扱いにしないといけないほど長い期間の通院は避けたいところである。もし人身扱いになった場合、通院費はともかくそれ以外でこちらにも何らかのペナルティが発生する可能性があるからな(恐らく)。


しかしな。 ちとデカめの案件がスタートした今(そして新人プログラマに多少足を引っ張られそうな予感がする今)となっては毎日定時上がりというのは現実的に苦しいので、見積もり工数と見積もり期間に対してどんだけ進捗を稼げるかが鍵である。

まぁ、ぶっちゃけ

残業するより医者行ってた方が遙かにお金になる


という現実からすれば、プロジェクトがどうなろうと週6ペースで通った方がいいのは間違いないんだがそこはそれ。オレ様ちゃんも一応社会人SEだからな。俺の仕様を待ってる雛鳥的なプログラマ達に対する申し訳なさで俺の精神が病んでしまうのを防ぐために多少は案をひねり出してみようと思う。ていうか自分のことしか考えていなさすぎなのでダメだ。ダメまっている。そうとも、俺はいつだってもうダメだ。「常」に「もう」なところがまたダメだ。スタートラインに立った時点で既に手遅れ。それが俺のライフスタイル。うるせぇ手遅れこそ我が命。


上記のような理由により、今まで名乗っていた「SE」という肩書きを本日付で改訂する。新しい肩書きは、そうッ!!

「手S遅Eれ」


カッコ悪(アク)いッ!!悪(アク)すぎるッ!!ていうか「てえすおくいーれ」と日本語発音してもなんのことやらわからんくて困るのは判っているのでもうダメです。お詫びに死ぬ。1.5回死ぬ。うぼーん。


Side "BGM"

今日のBGM :アルバムregret(I'VE) より Last regrets X'mas Floor Style

もういいよ、えこ先生だだハマリだ。


テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/06/15(木) 00:13)

 先週のnifexライフ フローチャート



課長に怒られる

帰宅

事故る

クルマを工場においてくる

家に1時ぐらいに着く

朝起きて会社に行く

システムがトラブってる

ピチン!ピチン!

なんとかする

帰宅後、飯作るもあんま食べられない

とりあえずねぶらを聞く

いつものごとく後藤邑子のエロトークにアガる

(以下、順不同)

チャートなのに順不同て!

基本的に晩飯は量少なめ味重視で作る

キョーゴクの旦那さえ押さえておけばだいたい勝ちさ

さわりだけやって放置してたひぐらし解 皆殺し編を終わらせる

謎が全部解ける

(これについてはあとでエントリ書く予定)

ウィスキーをコーラで割る

キマる

DSのメトロイド体験版を30回ぐらいやる

勢いで製品版を買いに行く

売ってない

間違ってディスクシステムのメトロイドを買う

軽く世界を呪う

代車のガソリンを入れに行く

タンクのキャップが無く、ウェスで無理くり塞いである

店員のあんちゃん、俺様共にビビる

帰宅

ペルポイの地下街でラゴスを探して黒い壁をドムドムたたく

テール・トゥ・ノーズで。

どういうこと?

逃避すべく車輪の国 向日葵の少女を開始

暗い

退廃的で俺も沈んでいく

でもおもろい

あれ? 璃々子の声てコレ後藤邑子だよね?

でもクレジットの名前は籐野らん

籐野らんったらそれ散るの雪村とかDear My Friendの都香だな

確かに今考えると似てる

ていうかこれは絶対後藤邑子本人の声である!(断言)

俺の中で籐野らん=後藤邑子説が浮上

その方向でググる

なぜかそれに関しては触れられてない

ベコい

なんかの陰謀を感じるが俺の中では確定

まぁ、石橋朋子たかはし智秋関係みたいなもんだろうな

それはそうと、足の怪我を診てもらいに整形外科へ

ものっそい軽い診断をされる

もうあんまこなくていいですよ的なイキオイ

あー・・・ちょっと様子みてみます

弱い俺

ていうか今日もエントリが長い


Side "BGM"

今日のBGM :アルバム still life(遊佐未森) より "東京の空の下"

切なくて泣きそうです


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:3
(2006/06/11(日) 23:32)

 いや、本当にシクシク痛いんだって。



さて、近況をご報告しよう。

昨日の夜から今日の朝にかけてここ最近で最も沈んだ気分だったため今日は一日眠剤で寝てようかとも思ったが何もしないとどんどん沈んで行くため、せめて何かしようとしてみる。


先週の月曜、会社からの帰宅途中に交通事故に遭った。
十字路の交差点にて、俺は青信号を直進。対向車線には右折待ちのバンが居た。その通り、俺の目の前で突然その車は右折した。

俺はスポーツカーに乗っているが基本的に運転は下手であり、公道ではごく遅い。普段もガンガン抜かれる。そんな俺なので(交差点だったこともあり)その時もスピードは30km/hぐらいしか出てなかったと思う。右折待ちの車を意識もしていた。「かもしれない運転」をしていた。その上で直進の判断をした。

俺の車は知っている人は知っているだろうがインテグラTypeRである。96SpecなのでインテRの中では確かに運動性能は低いのかもしれないが、それでも一応インテRだからな。ブレーキもデフォルトで(少なくとも一般車よりは)ずっと効くしちゃんと運転すればコーナーでもかなり曲がる(はず)。でそんな車で30km/hで走ってて、ハンドルを切りながらフルブレーキングして頑張って避けようとして

フロント同士で衝突した。


なにを言いたいか判るよな?

おばちゃん、 なぜそんなに引きつけてから発進する?


アンタはあれか?囮役か?ここはアタシが引き受けるからあんた達は進行をッ!!なのか?気力130以上で集中をかけて敵陣のなかに1ユニットのみで特攻するビルバイン(パイロット:ショウ)かなんかを気取ってるわけか?あわよくばオーラバリアと分身でなんとかなるだろうてハラか?

ていうかそもそも避けれてねぇじゃねぇか


ダメだダメだダメだ。もう全然ダメだ。何が「もうダメだ」だと?ふざけるなッ!!もうダメだということがダメなぐらいダメだ。ていうかもうダメだ。上記ビルバインと比較しダメなところを箇条書き出来るぐらいだ。

ショウのビルバイン おばちゃんのハイエース?
・ユニットサイズS(回避補正あり)
・ユニットの初期値運動性が
       スパロボ内でも随一
・オーラバリア
・分身

・パイロットの回避パラメータが鬼
・特殊技能"聖戦士"(回避補正あり)
・"集中"にて1ターン回避補正+30%
・ユニットサイズL(回避補正:負)
・積載能力は高いだろう
・フロントグリルは少し盾っぽい
・ていうかハイエースだし。。

・回避パラメータはたぶん
    弓さやか程度と思われる
・特殊技能「あっちが
    スピード随分出してて…」
・特殊技能「ちょっと
      主人を呼んできます
・特殊技能
    「なんか首が痛んだけど」


バロウ。ビルバインに比べておばちゃんユニットは機敏な回避から最も遠い組み合わせじゃねぇか。だいたい500mぐらい前から俺の直進が見えてたはずなのになぜわざわざ引きつけて曲がる?

当然、あっちは俺のことを悪者にしようとする。まぁ何言っても状況的にあっちの過失が高い結果になるだろうけどな。つぅかあの程度で済んだのはホント誰のおかげだと思ってる?俺が仮に600馬力ぐらいのデコトラに乗っててガンガン飛ばす暴れん坊だったらマジ両方とも死んでたかもしれんぞ?



そういうわけであっちのクルマはほとんど無傷、インテRフロント部大破。自走不能でめでたくレッカーとなった。めでたくねぇよ。
とりあえず見ただけでボンネットとバンパーはもうダメなことは判った。俺の予想では更にラジエターやらなんかのタンクやらもやばそうだ。もしかしたらフルード系のラインとかにもダメージがいってる可能性もある。なにより、駆動系に影響がないかどうかがすげぇ心配だ。


もってった修理工場の人からは、一目見る分で30~40万以上は間違いないとの意見を頂いた。それは最低ラインだろうし、駆動系にも及んでたらおそらく跳ね上がるだろう。



恐らく過失割合は8:2になるだろうって話なので、俺はこの時点で少なくとも6万以上は決定と言うことになった。プラス相手の車の修理費の2割な。まぁそれはたいしたことないと思うんだが・・・

もう一つ、フルブレーキングしながら右足をハンドルの軸部分にしたたかに打ち付けた。ドライビングポジション的にブレーキングの際には常に軸部分に足が当たる為(足下狭いので)、右膝に衝撃を全部受けさせてしまった。実は今じわじわと痛い。これがまたムカつく。体にくると理不尽感が倍増すんのな。


こういう事故の場合どう頑張っても10:0は無いらしい。9:1もごくまれだそうだ。俺としては状況的に俺になんの過失があるのか理解できないが、恐らく何を言っても10:0にはならないんだろうな。そこはもう諦めてるが・・あれか?止まれなかったのも悪いってことか?交差点を直進するときには時速10km/hぐらいに減速しろってことか?30km/hでも足りないのか?避けるドラテクが無かったのが悪いってことか?あるいはもうクルマ乗ってる時点で悪いのか?


とまぁ愚痴ってもどうせ何も変わらぬので、せいぜい足を治す為に頑張って通院しようと思う。可能な限り通院できるように医者に訴えるつもりだ。これは去年事故ったときに学んだんだが、症状が軽くても医者にはぜってぇある程度通った方がいい。お金が思いの外いただける。長く通えば通う程、引くぐらいの額になっていく。なぜなら保険会社そういう会社だからだ。


ではこれから医者行ってきます。


テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

クルマ関係 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/06/10(土) 15:25)

 ・・・俺のインテRを返せ
先ほど、事故に遭いました。
中の人はこうして当日にエントリを書ける程度に存在はしてます










明日あたり 世界が滅亡しないかなぁ
未分類 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/06/06(火) 00:50)

 システムエンジニアの憂鬱
冷静になってみると前回のエントリは大分文章がまとまっていないので、補足含め改めて追記させて頂きますよ。
同時に、頂いたコメントへのレスも兼ねさせてもらいます。


とりあえず登場人物と構図を整理します。

1.僕:SI系企業に所属し、とある企業の工場に常駐しています。
2.その企業の情報システム課のプロパー(正社員)さん:メインはホスト系の方です
3.その情報システム課の課長:一応一番偉い人。
4.ユーザー側担当者さん:工場の技術グループの方。つまり生産物の設計などをされる方。


今回の話の根底にある問題点は

・慢性的に現地システム課のプロパーの能力が低いor古い
・更に、課長が腐っている

そしてもう一つ、

・僕のセッション能力が未熟だった

僕自身のその辺の技術、つまりのらりくらりと攻撃をかわし、双方とうまいこと折り合いをつける能力、 それが足りなかったのかとも思ってます。



まず今回の打合せは僕が言い出した話なんです。プロパーさんは何もアクション無しだったんで。
案件をプロパーさんから僕の方に渡され、口頭で説明されただけの状態で仕様と見積もりを出せ、と言われました。
データ構造等の内部仕様はある程度進められますが、ユーザーさんの業務フローやニーズが判らない以上プログラムや見積もりなど正確に出せるはずがありません。ですので軽くユーザと直接打合せしようと僕から進言したんです。
まぁ、矢面に立つならその辺含めちゃんと全部仕切ってよ、って言いたいとこなんですけどね・・・

※ホントなら僕とユーザー側の担当者さんだけででどんどん進めるんですが、外注はしゃしゃり出るなという風潮のせいであくまでプロパーさんに進言するぐらいに留める必要があったんです。


開発ステップとしてはかなり初期段階であり、むしろユーザーさんがどうしたいのかを聞くだけの打合せのつもりだったんですよ。その後じゃないと画面仕様もプログラム本数も見積もりも出せないし。
なので、コメントで頂いた「社内の共通思想を作っていく」為の足場の1つだったわけです。まぁどうせ考えるのは僕一人なんですがね。
プロパーさんは単なる看板であってどうせ役に立たないんです。課長も同様。あんな余計なこと言われるなら付いてこないで欲しかったですよ。

だいたいまだ見積もりも出してなく、ユーザーさんも「お金はこれぐらいしか出せない」って渋ってたわけでもないんです。課長が勝手に知ったかぶりして文句言っただけ。今の時点から「ユーザーからもらった予算に対してとにかく実装コストを安くして利益を上げたい」って思惑が見え見えで萎えました。ユーザーからしてみたら自分たちに必要な機能の要望を言っても取り入れてくれない。でもお金はとられる。そりゃあお金出すのあとで渋りますよ。自分で自分の首しめてます。

でもって、本来仕切らないといけないはずのプロパーさんに対してはなにも言わず、なぜか僕に対してのみ一方的に怒った。実質自分の部下を贔屓して外注は使い捨て、と公言してるようなもんです。こっちがどんないい仕事をしても手柄と利益だけさらわれる。でユーザーからのクレームはうちらのせいにされるのは明らかです。もうホントアホくさいですよ。

明日、あの件以来初めて課長に会うわけですがちょっと登校拒否の子供の気持ちがわかる気がします。




まぁ世の中の企業お付きシステム部が全部そうだとは言いません。言いませんが現実的に非常に多いです。これじゃうちみたいな独立系のSIはずっと貧乏くじ引いて行くことになる。そういう慢性的な体系から抜けられないと感じましたね。

でうちの会社はうちの会社で終わってますからね。僕は今年で6年生ですが、新人の頃より月給が1万円も上がってません。そら非稼働の人間を抱えてても赤字でないでしょうよ。


もう、業界にも自分の会社にも愛想が尽きました。1回絶望してしまうともうダメです。やる気なんて回復しません。可能な限り転職活動を行おうと思います。とは言ってもそう簡単に転職なんてできないですけどね・・・


テーマ:仕事の愚痴 - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/06/04(日) 23:45)

 文句言うのは、そら誰にでもできるわな
今日は、愚痴ってしまいます。ああまたかよ、仕方ねぇなこいつ、ぐらいでスルーしてくれればいいです。


今日の作業予定は、サブシステムに新しく導入される外部との新インターフェイスの内部仕様検討と、ユーザとの画面仕様打ち合わせでした。
現在常駐先の情報システム部に外注として入っている僕は矢面に立つことが暗黙の了解として禁じられています。具体的な仕様設計のめんどくさいとこは99%やらせられるのに。
  ※常駐先とそんな契約であるはずはないのですが、外注はしゃしゃり出るなという空気が蔓延しているので波風をたてないように普段はうしろに引っ込んでることにしてます。1回調子に乗って担当者レベルで仕事を進めたら常駐先の課長から咎められましたから。



今日の打ち合わせで扱うのは外部インターフェイスのごく1部分であり、大したボリュームもありません(案件自体は全体ではけっこうでかいですが)。また、この対応に関しては初回の打合せなので僕とそのプロパーさんとユーザ側の担当者さんとの3人で行う予定でした。

が、直前になって件の課長も出ると言い出しました。なぜか今回に限って僕が話を進めろとも言われました。
まぁ大した打合せじゃないしそんなこともあるかってことで4人で打合せ開始。


ユーザーさんの業務形態をある程度知っていた僕はとりあえず打診という意味でこんな動きは如何?という話をします。画面イメージのハードコピーを渡しユーザーさんに話していると、課長が横から


「ちょっと待て。 なんだこれは?
なんでたかがこれだけのことをするのにここまでするんだ?
こんなとこに金なんてかけなくていいんだよ!違うでしょ?
システムを作る人間側で都合のいい、一番安い方法をまず提示しろ。
ユーザ的にどうしても足りない部分があればそこだけ埋めればいい」



と、まさにそのユーザーさんの目の前で僕に怒声を浴びせ奉られました。


「つまりだな、こんなめんどくさいことをしなくていいから、
この画面の時にこいつをクリックすればそのままその画面へいけばいいんだよ。
あとこのテーブルの持ち方も間違ってるでしょ?
処理の内容なんて全部画面入力にすればいいんだ。
こんなとこにフラグなんてもったらいちいち数万件全部を検索することになるだろ!
そんなんだからSQLのパフォーマンスが悪いんだよ!」


僕は、5秒間、次の言葉を見つける為に費やしました。
隣にいたプロパーさんはなにも言いませんでした。


ま、知ったかぶりして好き勝手文句つけるのはいつものことですが。上記の話なんかは完全なる間違いであり開発側からしたら失笑もんなんですがユーザーさんも居ることだし軽くスルー。RDBではindexを張ったフィールドに対しきちんとアクセスパスを意識した上で適切な検索をした場合全件スキャンなんて起こらないとか、そういう説明する気も起きませんでした。


いつものことです。
いつものことですが、今回はいつも以上に激しくガッカリしました。
ユーザーさんからみて情報システム部門のトップにいる人が、ユーザーの目の前でユーザーの使い勝手なんかよりお金と公言したこと。
直前にユーザーさんが「この部分を使用者が判断しようとしても難しいですしこの処理の内容は入力値ではなくして欲しいのですが・・・」と仰ったことも完全無視で、とにかく低コストを一番優先しろと曲がりなりにも一応契約先の外注の人間である僕に対してすごい剣幕で怒ったこと。(で自分が言った案が全く持ってコストダウンにもパフォーマンスアップにもつながらないところが大笑いなんですがね)


僕は、あくまでエンジニアでいたかった。エンジニアの最終目的は共通して「人」。強烈に速いCPUも、リッター25Kmの低燃費エンジンも、Webアプリケーションフレームワークも。すべて使う人間のためだけに日々研鑽されていくのです。
もちろんコストはじめその途中経過を無視するわけにいかないことなど当然判ってます。そういう制約とニーズ満了の両立を目指し様々なテクニックを駆使していくことこそエンジニアの腕の見せ所であり、そしてそれが出来てこそ技術者を名乗れる、誇れる。今回僕が考えた仕様はそういう思想に基づき頑張って考えて提案したものなんです。


打合せが終わった後、そのユーザーさんに「いろいろ大変そうですね。課長に怒られないように一番安い実装の仕方を選択してください。我々は何とか我慢して使いますから。」と同情の言葉をこっそりかけられたとき、僕の技術者としてのプライドは砕かれました。なんだこれは?僕はいったい何のために技術を磨き勉強し安い給料で毎日遅くまで働いてるんだ?何のために限界までプログラムロジックを最適化しているんだ?なんだこれは?



もはやシステム屋さんはダメなんだなと感じました。外注先SEを道具としてしか扱わない、でも自分達ではなにも出来ないシステム部。ユーザの使い勝手よりも儲けを最優先しその場しのぎのシステムを作ることを繰り返し、ユーザーもそんなシステム部に対して諦めている。この図式はどこに行っても同じでした。プロパーは外注をなめ切っており、ユーザーをなめ切っており、ユーザーはシステム部をなめ切っている。外注の僕らがいくら頑張っても精々体調壊してリタイヤする要員が増えるぐらいで大局ではなにも変わりません。


そして、自分の予想以上にそれをうまく流して許容できない自分自身に気づきました。僕はおそらく今回は課長が言ったことの1つたりとて仕様に反映しないでしょう。最初僕が考えた実装でやります。どっちにしろ課長が言ってる工数では無理であるし、どうせ怒られるならユーザーさんにいい方を残してあげたい。でもこれはたぶん格好いいことでも立派なことでもなく、企業の中では「課長にたてついてる」だけでしかないんです。


技術者としてのプライドを失ったらもう、頑張るだけ無駄という退廃的な思想しか残りません。
なので僕はもう頑張りません。


もう、時間の問題です。

テーマ:システムエンジニア - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/06/03(土) 02:17)

This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。