FC2ブログ



   QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

 体が重い


普段、あまり変化のない日常を送る人間でも
まぁ数ヶ月に1回ぐらいは劇的な変化がもたらされる日があるものだ。何らかの不思議な力によってね。


得てしてそういうときというのは"それ"が重なることも多く、またあまりいい方向への変化でないことも多い。思い当たる節もあるだろう?




まず1つめ。

僕が今の会社に入社し2年が経った頃
とある銀行系の受託案件プロジェクトに配属されたことがあった。
PLとして先輩の女性SEが居て、2年生の僕は新人プログラマをまとめるプログラマリーダーとしてその下についた。

そのSEさんは30代前半にして主任。銀行系PJのリーダから推して知るべし、優秀な方だった。女性ならではの細やかな気配り、丁寧な仕事、部下への思いやり。やわらかな物腰。そして綺麗な人だった。

漫画"OnePiece"にニコ・ロビンてキャラが居るだろう?あのキャラが実際に現実世界で人になってとある会社の7階でシステムエンジニアをやってたと思ってくれればいい。彼女を知る人はみんなその例えでうんうんとうなずいてくれる。
ちなみに 何年か前に結婚されてみんなで結婚祝いを贈ったのを覚えている。


その方が、昨日、亡くなった。
数年にわたる闘病生活の末。胃癌だったそうだ。

あの方のことだから、泣いてくれる人も偲んでくれる人も大勢いることだろう。そのあたりはより親しかったであろうその人達にお任せすることとし、単なる1ファンの僕は人知れずご冥福をお祈り申し上げていようと思う。

お疲れ様でした。








2つめ。

僕がこのあいだ公務員試験を受けたこと。恐らく1次試験通過すら絶望的な状況も手伝って、会社の人間には言っていなかった。ずっと言うつもりもなかった。

それが、なにかの拍子に
うちのPJに二人存在する主任両方に伝わってしまった。

結果、二人それぞれに別々に呼び出された。

二人には僕が会社を辞めようとしてる宣言と伝わったらしい。
いや、実際そういうことなわけだが
周りにはあまり本気で言っていなかったのでちょっと問題になってしまったようだ。


夜更けのファミレスで、

一人には
「あの課長のせいでお前に会社を辞められるぐらいなら、
いっそのことこのプロジェクト案件自体を破棄した方がマシだ。
あんな顧客よりもお前を取る。」

もう一人には
「お前が居なくなったらどのみち例の新規受託は失敗する。
そうなったら最初からこの話は受けられないよ。
辞めるなんて言わないでくれないか」


殺し文句というやつだろうか?
一見、とても僕を大事にしてくれているようにも見える。
が、プロジェクトを盾に 辞めないよう圧力をかけられているようにも見える。


ホントに、億に届こうかというレベルの案件を捨ててまで僕を買ってくれているのだろうか?本気で?
仮に本気だとしても、それは僕を買いかぶり過ぎである。僕は数千万の仕事を自分の力で成功させるほど優秀な人間じゃありません。

ただ、本当に辞めてしまったら大きな穴が開くのは確かだろう。
PJメンバーには恨みはないし極力迷惑をかけたくはない。


なぁ、あなたならどういう助言をくれる?


Side "BGM"

今日のBGM:SHIFT -世代の向こう- (I've(Lia))

今日の帰路、この曲を聴いていたら涙が止まらなくなった。いい大人が。

スポンサーサイト



テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:4
(2006/07/05(水) 00:10)

--> This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)