QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | このエントリのURL
(--/--/--(--) --:--)

 ジャバー(風呂から上がる音)。


今日、プロパーさんからjavaのコードについて質問されました。
以下その抜粋。

「こんなプログラムを書いたんですけど、コンパイルエラーになっちゃうんですよ。このクラスではこのメソッド対応してないんですかね? 」
-----------------------------------
public void setPos(){
iHtmlForm p_hf =
new HtmlFormValue(HttpServletRequest);
p_hf.set( "Position", right );
} -----------------------------------


・・・この人は本気で言ってるんでしょうか?
自分でコンパイルエラーと言っているのになぜsetメソッドの引数の1つをダブルクォーテーションで囲い忘れていることに気づかないんだろう?
エラーメッセージに"line4:変数が定義されていません (right)"と出ていてもそれでもわからないんでしょうか。
自分より年上のプログラマがこんな初歩の質問してくる(しかも解ってない)ことにげんなり。




ちなみに、それに対する僕の回答:
「なんででしょうね? きっとコンパイラがへそ曲げてるんですよ。一日様子を見てみたらどうです?」


バロス。

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

プログラミング | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2007/02/27(火) 00:50)

 終盤まで神クオリティ

いよいよ佳境のkanon20~21話。

もはや完全にあゆフラグが立った、と思いきや
ここにきて名雪・ザ・クローズアップ

あゆシナリオの谷間部分に名雪を持ってくるとは上手いやり方だ、というか名雪にも日の目をみせてくれてありがとう!ありがとう!
そして俺は秋子さんの家の子供になりたいよ!秋子さんもラブ!




それと、

DVDの2巻到着。もはやずっと初回限定版を買い続けるしか無くなった。
さー3巻の予約するか


Side "BGM"

今日のBGM:Groovin’Magic (ROUND TABLE featuring Nino )

TOP2のOPテーマ。これほど本編とマッチしてる曲も珍しいのでは?
なによりその中毒性がすさまじく、このノリは1回聴いてしまうと1日中頭から離れないね!
 

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

オタ全般。 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2007/02/24(土) 23:08)

 ゆらぎ




絵画のある生活。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2007/02/20(火) 23:16)

 耳から出てこなくて焦った


うわあああああ畜生!




なに?何?これどうしたらいいの?どうやったら直してもらえるの?
シュアーに電話?楽器屋にもってく?花を供えてみる(電光石火に)?もう一個買う?買えるかアホヤロウ。





テーマ:ヘッドホン - ジャンル:音楽

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2007/02/19(月) 23:09)

 次の目標は"多層海"


井上直久さんという画家をご存じでしょうか。

「イバラード」なる世界をピエゾグラフという画法で描く、僕が高校生の頃から好きな画家さんです。


ピエゾグラフとはリトグラフ等と同じような技法で、平たく言えば"版画"ですね。この分野で有名な人と言えばラッセン(ミックスドメディア)やヒロ・ヤマガタ(シルクスクリーン)、ミュシャ(リトグラフ)あたりが挙がるかと思います。




さて、イバラードは「耳をすませば」というジブリ作品に登場し、一躍その名が知れ渡りました。バロンと一緒に主人公の月島雫が飛び回る、あの淡い世界がイバラードです。
※ちなみに井上先生は声優としてゲスト出演したりもしてます


宮崎駿と井上直久にまつわる逸話は多く、「絵画を自宅に一切飾らないことで有名な宮崎駿が井上先生の画に惚れ込んで飾るようになった」とか「耳をすませばの背景は、イバラードの世界観を元に宮崎駿本人が自分で描こうとしたがどう頑張っても再現できず、本人に依頼せざるをえなかった」とかの話を耳にしたことがあるのでは?


そんなイバラードの世界観に魅せられたのが高校生の頃。
独特の淡い色調で描かれる神秘的で不思議で、華やかで切ないその世界に初めて触れた時のあの感動は、10年経った今でも忘れられません。思えば僕の芸術に感動する心はあれをきっかけに膨れていったような気がします。



未だイバラードに惚れ込んでいる僕は、要所要所で関連グッズを買い込んだりネットから落とした画像をPCの壁紙にしたりと人知れず一人ファン活動をしていました。

画像なんかは当然解像度が低いものしか上がっていなくて、壁紙にしてはボヤっとしたその見栄えに不満げなため息を漏らす日々だったわけです。(※ちなみに僕の卒論プログラミングマシンはずっと低解像度イバラードが壁紙でした。その頃の僕のマシンを見たことがあるなら人なら知ってるかもしれませんね)



関連グッズ、たとえばそれは

ポストカードであったり(貰い物)、

カレンダーであったり(1800円)、

めげゾウメモスタンドであったりするわけです。あっはは、地味なファンだw











あ、そうそう
そういえばこんなのもあります。

なんかちょっとデカめのが。










そう、このたび

本物を手に入れることができました










歓喜です。しかも憧れだった「星の谷II」という絵。
10年前の記憶の中でも一際心に焼き付いていた作品で、家の近くの展示会で実物を見たときは震えました。ちょっと瞳も潤んでいたというか泣く寸前でしたね。





版画系独特のシリアルナンバーの書き方は、何枚刷ったうちの何枚目なのかを表します。場合によってはこのナンバリングによって値段が変動したりすることもあるとか。





右下には井上先生直筆のめげゾウが。買った人の元に発送する直前に先生がそのときのフィーリングで描いているんだそうです(別に直前じゃなくても良いような気もしますが)。



本物はやはり今まで壁紙にしていた画像に比べて圧倒的な解像度で(もはや言ってることもおかしいですがw)、毎日僕に安らぎと感動を与えてくれます。
"実物"の繊細さと鮮烈さは、貧乏サラリーマンな僕にとってむこう1年は昼食のランクが1つ下がる程の値段を払っただけの価値がありました。


こういう「芸術心を刺激するモノ」が傍らにあると、僕の心は疼き出します。詰まっているようで隙間だらけのこの毎日に、なにか熱いものを注ぎ込み給えよともう一人の僕が言い始めます。

それがなんなのか具体的にはよく解りませんが、
死にかけている心のとある部分をこのままにしてはいけない、置き去りにしているものをもう一度取り戻さなければいけないとだけは告げられた気がし、同時に



殺伐としたこの世の中ででも、芸術を愛する心が万の人々に溢れればいいと、思わずにはいられないのです。




僕の部屋では毎日が絶賛展示会中です


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2007/02/17(土) 23:20)

 挿入歌の選曲がスバらしいな


1クッション遅れてkanon19話。


栞のことは放置(失礼)して、いよいよラストに向けたあゆの話が動き始めたようだ。

あー・・・このままだと名雪は多分に漏れず「超・脇役」のポジションのまま終わるという不遇の扱いを受けそうである。

原作ではナユキストな俺でもそりゃねぇだろって言ってしまったほどシナリオが盛り上がらない(というか無理矢理盛り上げようとして失敗してる)という黒い歴史をもつ名雪であるのでしょうがないのだが、19話が恐らくこのシリーズでの名雪のピークであろうと感じた。ああこりゃもうダメだなと。

だってこの話のエンディング見たらもう残りは全部あゆシナリオで埋め尽くされるだろうって思うもんな。申し訳程度にせめて1話分は名雪にするか感がかなり全面に押し出されていた。ナユキストとして非常に残念。。


さぁ、いよいよkanonも佳境に入ってきたね
DVD2巻もそろそろ届く頃だし、kanon熱もヒートアップしてきた!


Side "BGM"

今日のBGM:kanon original arrange album "anemoscope" より"雪の少女"

16話に続き、今度は名雪の駅伝シーンに初回限定版付属のアレンジアルバムの曲が使われた。ニクいね。
やっぱ名雪といえば"雪の少女"だよねぇと改めて思った

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

オタ全般。 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2007/02/16(金) 00:30)

 京アニ版は原作よりもクるかもだ


kanon 16~18話鑑賞。



栞シナリオ…






堪らん、たまらんよ
もういい、もうDVDは全巻だ



俺は自分がオタクであることを誇ろう



Side "BGM"

今日のBGM:アルバム regret(I've)より"Last regrets X'mas floor style(島宮えい子)"

よもやこの曲を挿入歌に入れてくるとはね(16話)。原作にも流れなかったアレンジバージョンなのに。京アニ万歳。

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

オタ全般。 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2007/02/12(月) 22:00)

 イナフ


待て、振り向かずにそのまま聞け。声をたてるな。
俺の名はニフX-13(サーティーン)。凄腕の殺し屋だ。

いいか?凄い腕だ。かなり凄い。ゴールデンで1本特番が組めるぐらい凄い。凄いんだが具体的には聞くな。
なぜなら、

ハードボイルドだからだ。


今回あのnifexとかいう奴に「仕事がマジ終わんねぇのでオマエ書け」と依頼を受けたわけだが、 この俺に頼むとはなかなか肝の据わったやつだ。まあもちろん依頼を受けたその日の夜に狙撃してやったがな。
なぜなら、

ハードボイルドだからだ。


俺をなめてはいかんぜよ(方言?)。俺の後ろに立つな。すぐさま殺す。それが例え依頼主であってもだ。でも2,3回までなら許してやる。割と緩いじゃねぇかとか言うな。優しさと厳しさは別だ。混ぜてはいけない(塩素とかが出るので)。
なぜなら、

ハードボイルドだからだ。


俺は金さえ貰えばどんな仕事もこなす。報酬はスイス銀行の口座に振り込んでくれ。 口座のパスワードは"37564"(ミナゴロシ)だ。
なに?駄洒落ってんじゃねぇよだと?しかも口座番号じゃなくてパスワードを教えてどうすんだだと?

・・・昔同じ事を言った奴がいた。もちろん狙撃してやった。
なぜなら、


ハードボイルドだからだ。


見通しの良いビルの屋上が職場の近くにあったら注意しろよ。狙うからな。それとこの時期風邪が流行っているから湯冷めにも注意しろ。寒いからな。そんな優しさも兼ね備えているあたりが俺の一流たる所以。
なぜなら、


ハードボイルドだからな。



さて、世の人々は言葉の使い方を間違っている。スナイパーな俺は耳がいい。かなりいい。言うなればスゴ耳だ。スゴイヤーと言っても良い。なに?オヤジギャグは寒いだと?貴様このネタで無理矢理でも笑わないと終わらない仕事を押しつけられたりの嫌がらせをうけることになるので気をつけた方がいい。(ヒント:ウチの課長)
どれぐらいかというと100m先の核爆発も瞬時に聞き分けられる程。というか近すぎて死ぬ。それぐらいスゴ耳だとヒマすぎるからナンパでもすっかと街を歩いていても色んな会話が聞こえてくる。


がお前らは間違っている!そもそも日本語が違う。例えば

・「会議で話が進まず煮詰まる。」
・「そんな難しい仕事はあいつじゃ役不足だよ」
・「その動きをシュミレートします」
・「彼は盲腸を切って入院中です」


とかな(それぞれどこがおかしいかは各自調べるべし)。なんだと?街中にしては内容が会議室っぽいだと?しかも英単語も混ざってるじゃないかとかお前は言うのか?
まぁ俺様ぐらいになるとたとえイトーヨーカドーの中を歩くだけでもビジネスマン的な会話も聞こえてくるというものだ(幻聴?)。
なぜなら、


ハードボイルドだからだ。



サラリーメンな奴らばかりではなく、若い女にもそれは言える。
例えば、


変に略す。


「テニスの王子様」をどうやったら「テニプリ」と略せるのか。いったい題字のなかに「プリ」の文字がどこにあるというのだ。それだけではない。この間見かけた女など、言うに事欠いて「リョーマ様」等とほざいていた。
馬鹿野郎、日本語の中で「様」をつけていいのは


「殿様」だけだ。


次点で「俺様」だな。日本の古き良き文化を解するのもスナイパーの勤めだ。いつ何時名古屋城なんかに潜入することになるか解らないしな。こういう準備も万全だ。
なぜなら、


ハードボイルドだからだ。



更にこの(腐)女子、絶賛大爆笑上映中の某テニスなアニメ映画にて主人公がカメラ目線で正面を向いたシーンで


「キャーーー!!リョーマ様がこっち見たーーー!」



等とはしゃいでいたらしい。もちろん狙撃してやった(2階席から)。ちょうど高いところに居たからな。俺を馬鹿にするのもいい加減にしろ。いいか、もう一度言うぞ。


お前は手遅れだ(笑)


幼稚園児か? 全くハードボイル度の高まりが感じられない。この俺様と比べるとこんなカンジだ。



ハードボイル度 低                   高
 俺      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 腐      |



社内プレゼンならかなり驚きの声が上がるところだな("これは考えを改めねばなりませぬな"、等)。




それと変に言葉が混ざっているヤツも多い。 この間笑ったのは


「そこはワン処理オンリーの仕様またはスペックでいい」


いいか?まずここでの壁は如何に笑いをかみ殺すかだ。ハゲ散らかした偉そうなオッサン(実際偉い)がおかしな用語?を得意げに使ったとき程笑いを堪えるのは難しい。が堪えないと心証が悪くなるので注意が必要。スナイパーといえども偉い人に逆らってはいけないとういことだ。
なぜなら、


ハードボイルドだからだ。


長いものに巻かれるのかよとか言うやつは狙撃する。ケネディ暗殺時ばりに魔法の弾丸で撃つ。だが風呂で髪を洗っているときはタンマだ。両手がふさがっているからな。



お前も言葉遣いには注意しろ。俺がいつ聞いているか解らないからな。内緒だが、仲間内で「ワン処理オンリー」を多用してみたら意外にウケた。ハメを外すのもたまにはいいということだ。




自宅持ち帰りで仕事しながら何を書いているのか俺(明日も出勤)


Side "BGM"

今日のBGM:アルバム 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」-ORIGINAL SOUNDTRACK BOX()より"True Shining"

青春の1曲。屋根裏部屋で受験勉強してたあの頃を思い出します。劇場版0083の主題歌ですね。
 

テーマ:夜の仕事 - ジャンル:就職・お仕事

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2007/02/11(日) 23:51)

 パワーポイントにフラッシュを貼り付ける方法

今日 帰りのコンビニでの一コマ。


男子中学生A「(栄養ドリンクのコーナーで) じー」
男子中学生B「なにみてんだよそんなもん」
男子中学生A「いや・・・リポビタンDってな、タウリン1000mgしか入ってないんだな・・・はぁ・・・。」
男子中学生B「おぉーぅ、どぅしたーいボォーイ」



いや、こんな夜中に中学生(明らかに部活帰りのジャージ)がコンビニで栄養ドリンクを吟味してることとか中学生のくせにタウリンどんだけ必要なんだよていうかたいてい1000mgだぞとかいろいろ言いたいことはあるけども最後のどぅしたーが激しく面白すぎて全部許す気になった、そんな月曜日。



さておき。



「インターネットは巨大なアーカイブ、ネットワークに乗ったデータは全て知的財産の一部である」


という考えの元、今回は備忘録も兼ね
flashムービーをMSPowerPoint上で再生する方法について書いてみます。




プレゼンする上でflashムービーはこの上ないインパクトを与えるので是非積極的に取り入れましょう。
ただし多用しすぎは頭の固い偉い人たちなんかに反感を買う可能性もあるので臨機応変に。さりげなくかっこよく使うのが一番です。




さて、 まず挙げられるのがActivXコンポーネントとして直接オブジェクトを貼り付ける方法。
flashコンポーネントはMacromedia Flashをインストールすると自動的に登録されるため、方法としては一番簡単です。

1. swfファイルを貼り付けたいスライドに移動。

2. "表示"→"ツールバー"→"コントロールツールボックス"を選択。

3. "コントロールツールボックス"の"コントロールの選択"をクリック

4. 一覧から"Shockwave Flash Object"を選択

5. 貼り付けたいところでドラッグ。flashコントロールが配置されます。

6. コントロールを右クリック→プロパティ

7. "Movie"プロパティにswfファイル名をセット。絶対パスでも相対パスでもOK(URLでも大丈夫らしい)

8. そのスライドに行ったとき自動でムービーが流れるように"Playing"プロパティを"true"にセット


はい、 なにはともあれこれでムービーはとりあえず再生されます。flashムービーのオリジナルのサイズと"Height""Width"プロパティを合わせておくといいかもしれません。

ついでに、デフォルトでは"false"になってる"EmbedMovie"プロパティを"true"にすればswfファイル自体がpptに取り込まれます。当然ファイルサイズはswfファイル分膨れますがpptファイル単体でムービーが見れるようになります(逆も然り:ちょうどstaticリンクとdynamicリンクの関係)。




が、やってみると解るのですが
この方式だとスライドショーを実行しムービーが再生されるたびに"Playing"プロパティが"false"に戻ってしまい、そのままpptを保存すると次の回スライドショーを実行したときにムービーが流れないというダルいことが起こります。
原因とするところは同じだと思うのですが、スライドショー中にムービーを1回止めてもう一度スライドショーを開始すると次は前回止めたところから始まったりとかもします。

しかも、flash側で起動直後にSEを鳴らすような作りにしてあると、なぜか(そのスライドまで行ってないのに)スライドショーを開始した直後にそのSEが鳴ってしまったりとか変な動きをし、これが直らないのですよ。




こんなんじゃ怖くて本番で使えないので、困り果てた僕は違うやり方を見つけました。個人的には断然こちらのやり方の方がお勧め。
PowerPointのaddinツールでSwiff Point Playerというものを使います。


Swiff Point Player

1. まずはSwiff Point Playerをインストールしましょう。大丈夫フリーです。英語版ですがめげるな。

2. インストールできたら同じようにムービーを貼り付けたいスライドまで移動。

3. "挿入"メニュー→"Flash Movie"を選択

4. 貼り付けたいswfファイルを選択。


これでOK。このアドインを使うと先の変な現象が全て解消されます。ちゃんとスライドショーの度に自動的に最初から再生されますしムービーもきちんと正常な動作をします。これこそが万人が期待する動きでしょう。

ただ、このツールは自動的にembed(埋め込み)になり、かつそのpptはSwiff Point PlayerがインストールされているPCでしかムービーは再生できないという制約があります。(cf.前述のActiveXコンポーネント方式だとflashがインストールされていれば再生可能)

プレゼン用の端末が自由にソフトをインストールできないものだったりしたときにはActiveXコンポーネント方式を使うしかないでしょう。ですが個人的には可能ならば絶対Swiff Point Playerを使った方が良いと思います。



さぁ、あなたもプレゼンにflashを効果的に取り入れ、他の人たちの凡なプレゼンを笑い飛ばしてやりましょう!



おお、今日はなんだかふつうの会社員っぽいエントリだ

 

PC、あるいはその周辺 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2007/02/05(月) 23:55)

 どうしてみんな何も言わないのか




最近 、macのCMにラーメンズがでてるじゃないですか





僕はwinユーザーですがmacのこと嫌いじゃないし盲信的なwin信者でもありません。
ですが、軒並み全てのCMパターンがwinをこき下ろした内容になっているのがかなり気に入りません。



たとえばこれ



winは頻繁にフリーズするがmacはフリーズしないぜ!
しかもofficeも使えるからofficeの為にわざわざwin使ってる人はmacに乗り換えな!って内容ですが、

こんなCMが堂々とまかりとおっているとはね。 しかもバリエーション多数。昔同じようにwinを下にみたCMが批判続出で公開中止になったことを忘れたんでしょうか


まぁ劇中で言ってる内容は事実なんでしょうが、企業CMとして他社製品を卑下することを全面に押し出すのはどうなのか。こんなこと言いたくはないんですが、これじゃどうやっても勝てないから対抗馬をけなすしかなくなりました、と取られても仕方ない。

どうせ「PCとしか言って無いじゃないか、winだなんて一言も明言してない」とか言うんでしょうけど・・・子供じゃないんだから。
VISTA発売も意識してるのは見え見えじゃないですか。


自社製品の優位性を訴えるのと他社製品を卑下するのは違います。
正々堂々と戦うスタンスを崩すことでデメリットになるとすら言えるのでは無いでしょうか。


こんなもんにラーメンズを起用したのも気に入らない。
まぁ本人たちがオファーを受けたってことは内容に賛同してるって意味なのかもしれませんが、こんなのラーメンズのイメージも下がりますわ。


winユーザにとってはもちろん、macユーザにとっても不本意なCM群であると信じたい。正直ガッカリです。
macも一枚岩じゃないでしょうから、あのCMを企画した人物が無能だっただけと思いたいですね。




ps  winプログラマ・サーバ管理者としての反論
確かにwin9xはOSとしてかなりヒドかったですよ。丸1日連続働できないんですからね。しかも設計がMS-DOSを引きずってたせいで対処のしようもなかった。
しかし少なくともNTカーネルになってからはんなことはない。企業のサーバーになるぐらいですよ?きちんと管理すればUNIXサーバと遜色ない安定性を発揮しています。いったい何年前の話を言っているのか?

そしてビジネスライクでなにがいけないのか(他バージョンでwinは仕事のことしか考えてない、みたいなのがあった)。現にofficeとの互換性を自分から訴えてるじゃないですか。既に矛盾しているし説得力など皆無。ていうかofficeの為だけにwinを使ってるって認識が既に大笑いですしね。

あのCMを企画した部署にはもう一回win/mac両方ともエンドユーザのリサーチからやり直せと言いたい。


 

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

PC、あるいはその周辺 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2007/02/02(金) 23:11)

This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。