QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | このエントリのURL
(--/--/--(--) --:--)

 時をかける少女のススメ

改めて、時をかける少女についてつらつらと。

こんばんは、nifexです。


ことの始まりは一昨日、「そういえば時かけが宇都宮で上映されてるはずだな」とテアトル宇都宮のページをチェックしたことに始まります。


なんと、 10/20(金)までとなっているではありませんか!
「明日までじゃねぇかーーー」


これはまずい、雲の向こう、約束の場所の時の二の舞になるわけにはいかない!なんとしても観に行かなくては!

チャンスは最後の上映、19:10開始。距離を考えると定時で上がってもかなり厳しい。あるいは、裏技「泣き落としでちょい早引け」を使えば何とか・・・


だが間の悪いことに今はなんとしても進捗を稼がないといけない時期。うちのサブシステムメンバーは毎日10:00とかまで頑張っています。僕だけそんな、ねぇ。

結果:ちょい早引けしました



みんなゴメン!本当に申し訳ないが今日は許してくれ!と心の中で謝りつつ、事故ったら間違いなく即死なスピードで移動する僕。その甲斐あり10分前に映画館へ到着できました。

最終日の最終上映の割にさして混雑もしておらず、絶好の席(しかもボディソニック席)に座ることが出来ました。
こうして 無事鑑賞にありつけ、雲の向こう~の時のような後悔は避けられたわけです。



ここからが本題。

この映画は、久しぶりに
「映画館で観れて本当に良かったと思えるアニメ映画」でした。


本当に面白かった。 同じ映画を(当然お金をもう一度払っても)劇場でまた観たいと思ったのは初めてです。

ここがすごい!というような派手なウリは無いのかもしれませんが、なんていうんでしょう、全編を通して溢れているノスタルジーとフレッシュさ、そして切なさ。あっという間に物語に引き込まれていく自分が居ました。

ある種の安心感(ストーリー的に、という意味ではなく)とでもいうべき優しい感情に包まれつつ、愛すべきキャラクターたちが劇中を駆けめぐる様を、時にはハラハラし、時には微笑ましく、見守る。

冒頭からずっと感情移入しっぱなしで、上映時間が1時間40分もあったなんて信じられないぐらいでした。本当にのめり込んでいたんだなと思います。ストーリー、キャスト、キャラクター、音楽、演出、全てが観る人を引き込みます。恐らく監督の手腕というのも少なからずあるんでしょうね。


題材が題材だけに、矛盾?というか「厳密に考え始めるとどうなんだろうこれ?」というところが多少ありますが、「明らかにおかしい」のではなく「うん、まぁいいよね」というカンジ(その代わりストーリーの勢いはバツグンです)。
そんな細かいことを咎めるのは野暮ってもんですしね。この映画にはそんなのを超えた「よーし、やれやれー(笑)」的なノリがあります。 真琴の愛すべきバカさ加減、かわいらしさ、これでなにもかも許せてしまうんですね。


反面、後半の切なさといったら!
ネタバレになるので控えめにしますが、観ている者の心を締め付けるような切ないシーンがいくつも押し寄せてきます。
泣くなり叫ぶなりお好きにどうぞ!
(でも映画館では叫んではいけません)




実際のところはあなた自身が映画館で確かめてください。
やっぱり、それが一番です。
その際は是非、Dolby Digital(AC3, 5.1ch)のシステムを備えた(できればボディソニックがある)劇場で!

劇中何度も登場する野球のシーン、ノスタルジー溢れる校舎でのやりとり、真琴と千昭が雑踏の中で語り合うシーン。この辺り、すばらしい臨場感が物語をより一層引き立ててくれることでしょう。








サラリーマンである以上、スケジュールの厳しい時期の早引けはそれなりのペナルティもあります。

が、そんなの「時かけ」を劇場で観れたことに比べたら屁みたいなもんです。それだけの価値があった。 劇場に観に行って本当に良かった。音響はもちろん、映画館のあの独特の雰囲気。
この映画にはそれが実によくマッチしました。

DVDでは得られないであろう感動が、そこにあります。
(と言ってもDVDも間違いなく買うでしょうけど)


さぁ、あなたも
真琴に、千昭に、功介に、魔女おばさんに。
会いに行ってみませんか?
きっと僕みたいに時かけグッズを買い漁ってしまいますよ?w


Side "BGM"

今日のBGM:ガーネット(奥華子)

時かけの主題歌、ガーネット。奥華子さんのことはこれで初めて知ったのですが(僕と同い年らしいです)、これをきっかけにファンになってしまいそうです。とりあえずアルバムが出てないかどうか探そうっと!

スポンサーサイト

テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

オススメするッ!! | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:2
(2006/10/22(日) 02:14)

<<5千円バイシクル | ホーム | 心よ、震えろ>>

コメント
 
はじめまして、
時をかける少女よかったですよね。
私ももう一度映画館で見たい!と感じました。
奥華子さんのガーネットも凄くよくて、
とりあえずサントラを借りて、聴いています^^



URL | るか #C7GJ5hVw | 2006/10/24(火) 02:34 [ 編集 ]

 
はじめましてー
コメントありがとうございます^^

僕もサントラ買いましたよ!
でもガーネットはショートバージョンしか入ってないんですよね。。
ということでガーネットもシングルを買いました。「変わらないもの」も素晴らしく、オススメですよ?
URL | nifex #Fda0jiIQ | 2006/10/25(水) 00:14 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nifex.blog37.fc2.com/tb.php/119-686b788a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。