QK中(1/20)
   あのnifexがSEとPGの間を漂いつつ綴る日々。 母の財布からお金を取ったのは僕ではありません 。
プロフィール

 nifex

Author: nifex
更新頻度低下中。物理的には居ます。

mail & msn mess. :
  nifex@saku2.com

skype :
nifexnifex


当サイトはosakaフォントを使うと割と読みやすいかもしれませんがまぁ好きにするといいよ




このサイトについて




押すと押せます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | このエントリのURL
(--/--/--(--) --:--)

 きさま、けちょんけちょんにするぞ?

それではこれより、

PC自作 地獄変~下痢3号の軌跡と奇跡 nifex シラフで飛ばす~

をお送りしよう。
なんかすげぇ字面だな。


今回写真が多いから"続きを読む"だ。今後はなれなれしく略して続読(つづどく)と書くこととす。

 



さて、それでは解剖するブツをご紹介しよう
それはこれだッ!!



名を"ミミ"という。好物は生の米だ(本当に)。近づくだけでnifexを涙でぐしょぐしょにしてしまうというアンチ名雪的な機能を搭載している。


ていうかこいつは実家の猫だった。それを かいぼうするなんて とんでもない!!まぁ2号の写真は撮ってなかったので省略。前向きに前向きに。




というわけで改めて。ペンD920(2.8GHz)とASUSのP5LD2を買ってみた。俺のマイコンをなめンなよ?俺のこんぴーたーをヨ・・・。



P5LD2はチップセット945Pを載せたM/B。¥14000でした。





なんかよくわからんのだけど、ペンDにはマウスパッドとボールペンが付いてきた。なにそのバンドル?




M/Bに部品さすときは箱の上にパッケージの袋を敷いて!これ常識。てどっかのサイトに書いてあった。




LGA775。昔のCPUとちがって、ソケット側にピンが並んでるのな。




そして純正のCPUクーラーのでかいことッ!!右のCPU本体と比べると東京ドーム5個分ぐらいあることがおわかりいただけるだろう。




装着すると、元々はまってたカバーがうぼーん!うろろろろー!!という音と共に自動的に外れる。どんな音だよ。



で、

下痢2号から降ろしたパーツを交え、



この新品のケースへ組み込んでいくぜ!ちなみに525Wの電源。500W電源に消費税5%がついて525Wらしい。おう嘘だ。





まずはOS起動の必要最低限パーツのみで起動テストすべくせこせこと作業。




最小構成完成、の図。




電源投入・・・さぁこい・・・




オルァ!!一発成功。メモリもCPUも正常認識。
オマエはなんと手のかからないいいヤツだ。オレ様が「サー」の称号を与えよう。今日からオマエは

パソコンサー

と名乗るが良い。なんだそら。

とりえあずメモリは1枚しか刺してないのでシングルチャンネル動作だがよし。このメモリ同じのをもう一つあとで買ってこよう。せっかくDDR2だからな。


あとはOSを入れて環境を整えるだけだ。OSか?そらもちろん、

WIndows5000

に決まってんじゃねぇか。最大で200個のCPU650KBのメモリを搭載可能で、アプリケーションを起動するごとにビルゲイツの肖像画コミケの宣伝壁紙がランダムで表示されるという次世代の高性能OSだ。ていうかメモリが少なすぎな上コミケの宣伝がいちいちロード時に出るのはROの話だった。ROをやってる人は今すぐ悔い改めてもらいたい。あんな会社に課金するぐらいならドブにでも捨てた方がいい。ゲーム自体は面白いと思うんだが。




それはともかく、デュアルコアのCPUの場合はあたかも2つCPUが乗っているかのごとく表示される。まぁペンDはCoreDuoと違って中にほんとにペン4がそのまま2つ入ってるわけだが。




メモリが512MBと少ないので、ページングのオーバーヘッドを減らすために、余ってたIDEのHDDを流用してページファイルをこいつにセット。このM/BにはsATAが4ポート、Ultra ATAが4ポートもついてたので、ドライブがいっぱい繋げてしまう。

※ページファイルのディスクをシステムドライブと物理的に分けてやるとシステムのレスポンスが向上する。物理メモリをいっぱい載せてる人にもこれはお勧めなので、HDDが余ってる人は試してみて欲しい。システムディスクの断片化も減る。






てなわけで、なんのトラブルもなく実に順調に下痢3号が誕生した。
使用感としては・・・まぁ元マシンと同クロックのデュアルCPUだからな。正直演算が劇的に上がってるわけではない。

デュアルプロセッサってのはUnixのクラスタ構成とかRaidの原理とかと違い速度が2倍になったりはしない。負荷分散が目的だからな。
それはわかっていたので、速度に対する期待はしていなかったんだが、これがまた

劇的に速い

速いというかすげぇ軽い! クルマでいえば馬力が上がったのではなくトルクが上がった感じ?メモリの速度もあいまって挙動がいちいちクイックなのである。

で、期待通り同時負荷にものすごく強くなった。どんなにいろんなことを同時にやってもCPU使用率が40%を超えないのである。動画のエンコードでもしてようやく90%ぐらい。

そうそう、このエンコードという処理。どういう理屈かわからんが、こいつは速度自体が激しく上がっているように思える。MP3のエンコードなんか体感で2倍ぐらいになってる気がするな。SSEとかが同時に効いてたりすんのかな?




おまけ

サーバ用途として、激安構成スリムのPCをもう一つ作ったよ(そう、これが4号)!サーバというか常駐機だな。いわゆるポートを待ち受けるサービスを起動している訳ではないので。
ちなみにこいつは¥26000で出来あがった。その代わりスペックは推して知るべし。操作も下痢3号からネットワークを介しVNCで遠隔操作する(モニタすら無いので)。VNCは俺も仕事でよく使うんだが便利なので是非おためしあれ。

け、決してWi-Fiアダプタ常駐用に作ったわけじゃないんだからねっ!?



Side "BGM"

アルバム Colors of Life(Lia)より "大切な君へ・・"

これはもうあれだな、"みんなのうた"。
スポンサーサイト

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

雑記 | このエントリのURL | トラックバック:0 | comment:0
(2006/07/22(土) 23:03)

<<それはもう体が重くなる | ホーム | グロ注意>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nifex.blog37.fc2.com/tb.php/96-7d1ad2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

This site is powered by Macromedia Studio MX. (contains DreamWeaver MX ' FireWorks MX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。